大正13年(1924) 10月 1日創業。
        
東京都荒川区に倉橋電業舎を起こし、同時に倉橋町屋工
        場を創設、我国自動車用蓄電池電槽製造の元祖でありま
        す。

                        
昭和12年(1937) 京都市伏見区に、鞄本電槽製作所を建設

昭和14年(1939) 倉橋製作所西新井工場を建設

昭和23年(1948) 倉橋護謨工業株式会社に改組改称。資本金 450万円


昭和27年(1952) ゴムライニング部門開始。
        資本金 1,000万円に増資


昭和33年(1958) 資本金 3,000万円に増資

昭和34年(1959) 化成品工場を建設

昭和38年(1963) 資本金 6,000万円に増資

昭和43年(1968) 大型自動プレス機 設置


昭和44年(1969) 合成樹脂成型部門稼動

        京都工揚ゴムライニング部門 開始

昭和51年(1976) 東京工場 全面新築

        大型加硫缶(φ5m×長さ15m)設置
        ブラスト室(幅7.2m×長さ18m×高さ5.4m)設置

        本社ビル建設

昭和54年(1979) 電槽生産部門、ライニング部門を東京工場に集中移設



 ○○○ その後、設備革新を重ね現在に至っております。 ○○○



平成16年(2004) ISO14001 認証取得 (JQA-EM4192)