KSK ライニングの歴史
 KSK 製品の用途

ライニング工場

当社では、1952年に本格的なゴムライニング事業を現東京工場にて開
始いたしました。
その真価はたちまち産業界の認めるところとなり、我が国産業界発展の基
礎を築き上げました。
その後、各種の合成ゴムライニング技術が開発され、使用条件に適した材
質が使い分けられるようになり、あらゆる産業でゴム又は樹脂ライニング
が使用されるようになりました。
1976年の東京工場の全面新築に伴い、国内でも最大級の大型加硫缶(Φ5
m×15m)及び20tonクレーンを新設し、大型酸洗槽・反応槽・メッキ
槽・撹拌槽・配管部品など各種のKSKゴムライニング及びFRP・PV
C樹脂ライニング製品を製造しております。
KSK製品の用途は、次の二種類に大別されます。

 1.耐薬品
  ●薬品を使用する貯槽・撹拌槽・計量槽・反応槽などタンク類。
  ●メッキ槽・酸洗槽・電解槽など化学反応用各種槽。
  ●排煙処理塔・洗浄塔・シックナー・蒸発装置イオン交換樹脂塔など
   各種塔類
  ●各種フィルター類・遠心分離機・フィルタープレスなど。
  ●送風機・排風機・撹拌翼など。
  ●配管・ポンプ・バルブなど。
  ●化学機械・印刷・製紙・製鉄用ゴムロール類など。

 2.耐摩耗性
  ●摩耗を受ける各種混合機・撹拌機・溶解槽・撹拌槽・スクリューな
   ど。
  ●砂・泥水・スラリー等を輸送するサイドポンプ及び配管・機器類
  ●石炭・鉱山用機器・シックナー・サイクロン集塵装置など。
  ●石灰石・陶土等用粉砕機など。